50代、体型の崩れをナメてました!

スポンサーリンク

 

私はずっと、油断すると痩せてしまうタイプだったんです。

友達にその話をするとなんて羨ましいことかと言われましたが、40代半ば辺りから、頬がコケてはいないだろうか、またシワが増えたんではなかろうか、首の筋は大丈夫かと心配事は尽きず…。

 

自分がそんなもんなんで、ギスギスなのに尚ストイックなオバサンに対して、立派だと思うけど魅力を感じたことはありませんでした。

なので出来るだけ「ふっくら」できるよう心掛けてたんです。

 

それが50代になり1年間であっさり6kg太りました!!!

40代の私なら「きゃー嬉しい」で済んでたんでしょうが、そうでは無かったからこうしてブログを書いているのです!

 

アラフィフ見事なオバサン体型

 

最初3kg増えたときには、何となく「ふっくらした」という感じでした。

よしっ!と思ったのも束の間

あれよあれよと言う間にもう3kg追加され、その3kgは見事に腰回りと背中に付いたんです。涙

 

50代で付いたお肉はただただゆるんでいて、ぽっちゃり♡なんて可愛いものではありませんでした。

 

下っ腹は出てるし、膝の上にもたるんだお肉がのっています。

後ろから見ると、まるしかく。

肩からお尻にかけて、丸くて平べったくて四角くて、ぬりかべのような圧迫感があります。涙

 

さらに見てなかった現実

 

6kg太って久しいのに、なぜ今ブログを書いているのかというと、今週有馬温泉で1泊してきたんです。

 

一面の窓から降りそそぐ光を浴び、

鏡に映し出された裸の私。

 

なんじゃこりゃーーー!

あまりの驚きに瞳孔が開きました。

 

丸くて平べったくて四角いだけではなく、段々になってるんです!

裸なのに下着のラインが分かるんです!笑

「あ、いつもここにゴムがあるんだろうな」って。

 

わが家にも洗面所に大きな鏡はあるんですが、ここまで明け透けではなく、なぜかもう少し「いい感じ」に映るんです。笑

不思議ですが…

差し込む日差しやライティングが優しいからかも知れません。

 

とにかく太ったことを自覚しながらも、きちんと見てこなかった自分に対して、遅ればせながら猛省しています。

 

ダイエットは危険な50代

 

腰回りや背中に付いた3kgを落として、「ふっくら」だと感じられた初期に戻りたいけど…

でも現実はそう簡単ではない。

 

この歳でダイエットをすると、「下半身は変わらないのに胸だけ小さくなっちゃった~」なんて生易しいものではなく、「頭蓋骨まるだしなのにアゴはたるんだまま」という悲惨な状況を招きかねません。

 

3kg痩せるために10歳老けた

なんて堪ったもんじゃない!!!

 

ということで、体重は現状維持しつつ少し引き締めるため運動を取り入れたいと思っています。

 

 

 

春になったら。笑