フリーマーケットで一気に断捨離!物が捨てられない方にオススメです

大人気のフリマアプリ。

とても便利なのでワタシも利用してるんですが、ブランド品ではない服の場合、送料込みで出品して手数料を引かれると、ほとんど売り上げにならないですよね( ;∀;)

それなのに結構手間が掛かる事を想像しただけで、二の足を踏んでおりました

そこでフリーマーケットに出店する事にしたんです

いざフリーマーケットに出店!

私は大阪在住なので、万博公園のお祭り広場で開催されるフリマに出店してきました

15年程前(!)に何度か出店した事が有ったんですが、フリマアプリ等が主流の今、人が入ってるのか心配でしたがなんのなんの。大賑わいでした(*´ェ`*)

フリーマーケットの良い点

  • 家中の不用品が一気に片付く
  • 実物を見た上で買ってもらえる

もう、この2点に尽きます!

車に積めるだけ積んだ不用品が、帰りはスカスカ!

そして商品を手に取り状態を確認してもらえると、売る方も買う方も安心ですよね

特に中古品の場合は。

前日までの用意

売りたいモノを集めて、値段を決め値札を付けていきます。

300円均一コーナー・500円均一コーナー等、分けて置く場合でも、これは300円これは500円と一目で区別が付くよう、何か目印を付けておいた方が良いかと思います。

商品がごちゃごちゃになってる事も有りましたし、数点買って下さる時は、コーナー関係なくアチコチから選んだ物をまとめて渡されるので、「あれ!?これいくらに設定してたっけ???」となりました(汗)

フリマで必要なマジックと値札

※POPは、当日商品を並べて雰囲気を確認しながら書きました

おつりを用意しておきます。

お客さまはフリマをよく利用されてる方が多いので、小銭を用意してくれてます。

一万円を出される方はいらっしゃらなかったのですが、念のため9千円分紙幣を用意しました。千円からのおつりがほとんどです。

【ワタシが用意したおつり用のお金】

10円玉…10枚

50円玉…10枚

100円玉…20枚

500円玉…10枚

千円札…4枚

五千円札…1枚

出品する量や価格にもよって少し変わってくるかと思いますが、商品が売れるほど硬貨も溜まってきますので、上記の用意で十分でした

ラッピング

時間が無くて出来なかったのですが、小物類はラッピングしておいた方が、見た目に違いが出たと思います(;´・ω・)

食器類や雑貨類は、プチプチや新聞紙に包んで持って行きました

当日持って行くもの

  • 出店ブースの大きさのレジャーシート
  • 袋・紙袋(商品を入れる用)
  • イス
  • 飲み物・食べ物
  • ウエットティッシュ
  • つり銭・つり銭ケース

フリマで必要な袋類

  • セロハンテープ・ガムテープ
  • ハサミ
  • マジック
  • 電卓
  • POP用の紙
  • POP用のクリップ(洗濯バサミで代用可)
  • 値札(予備)

フリマで必要な文具類

  • 日傘(春夏)
  • カイロ(秋冬)

※私が出店したフリマでは、1ブースに付き1枚ゴミ袋を配ってくれましたが、ゴミを持ち帰るためゴミ袋は必須です。

有ったら助かる物

  • 台車
  • ハンガーラック
  • テント

出店してみて・・・

とにかく午前中が勝負です!!!

お昼を過ぎたら少し値下げし、3時頃からどんどん下げていきます

未使用のタオルや食器類はあっという間に売れました

気付いた点

①先客がいる所は見やすいようで、一人お客さまが見ていると、次から次へと来られて一気にバタバタします。

(その時に備えて空いてる時間には、値札が取れてないか確認したり、商品を入れる袋など必要な物の整理をしていました。)

②つり銭用の入れ物は、パカっと開いて硬貨を確認しやすくて出し入れが楽なモノがオススメです。

フリマで有ると便利な無印のケース

無印の救急用品ケースが、ワンタッチで開閉できるし、お金の出し入れも簡単で重宝しました

③会場にもよりますが、日差しを遮るものが何も無いのでとにかく日焼けに注意して下さい♡

また思いついたら追記していきます^^

まとめ

使ってないけど捨てる勇気がでなかった物を、誰かが必要として使ってくれる。

フリーマーケットにはそういう出会いが沢山ありました。

本当に嬉しくありがたい事です!

そして、最後100円や50円に値下げしても売れなかったモノは「仕方ない」と思えますので、処分することに対しての罪悪感が和らぎます。

断捨離中の方はもちろん、なかなか物を捨てられない方にもオススメです

スポンサーリンク
ブログランキングバナー