ガーン。イケアのラグのすべり止めが…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

3年ほど前、娘が気に入ったようなのでイケアのHULSIGというラグを購入しました。

グレーに白のラインが入っている素敵なラグです!

 

短めのパイルですが思いのほかフカフカで、裏にはすべり止め加工まで施されています。

ずっと子供部屋に置いてるテーブルの下に敷いていました。

 

床にくっ付いたすべり止め

 

年末の大掃除でかなり部屋が片付いたこともあり、よりスッキリさせるため、ラグも処分することにしたんです。

テーブルを移動させラグを持ち上げると…

動かない。

 

なんとテーブルの足を置いてた部分が、床とベッタリくっついてしまって動かないんです!涙

 

結構な力で引っぱると、バリバリと音を立て、ラグ裏のすべり止めが剥がれていきました。

イケアのラグのすべり止めが床にくっ付いた画像

 

剥がれた部分は、床に(強力に)残ってます。

これが4ヶ所。

 

無垢床なので洗剤は怖くて使えず、乾いた布で強くこすってみましたがビクともしません!涙

 

そこで金属製のヘラでこそぎ落としてみることに…

床にくっ付いたラグのすべり止めを剥がす画像

 

ポロポロと取れはするんですが、力を入れすぎると床に傷がつくし、力を入れないと取れないしで加減が大変でした。

 

kuroko
kuroko

ちみちみちまちま

時間も結構かかりました

 

なんとか事なきを得ています。

 

最後に

 

ラグはほとんど使っておらず見た目にはキレイだったため、裏側の劣化まで考えが及びませんでした。

子供部屋は床暖房がないので油断してた節もあります。

 

今回は大事には至りませんでしたが、すべり止め加工のような特殊素材はやはり注意が必要ですね…。

ラグ自体が劣化してなくても、1,2年で交換するのが得策だと感じました。