100均のケースを使ったインナーウェアのスッキリ収納

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

ヒートテックやエアリズムなど、機能性肌着が大充実で「インナー」の幅も広がってますよねー。

 

昔は、老いも若きもそれを「ババシャツ」と呼び、そしてババシャツの名に相応しく、肌色でもっさりしていて、とても若いおなごが身につけるような代物じゃなかったんです。

でもデートのとき、寒さに負けて着ていくんですが、もしババシャツがチラッと顔を出した日にゃ、百年の恋も冷めるんじゃないかとヒヤヒヤしたものです。

 

最近ではわたしも「インナー」とかっこよく呼ばせてもらってますが、今日はそんな「インナー」の収納のお話しです

 

洋服、インナー、靴下、タイツ・ストッキング等々、衣類にかかわるものは全て無印のPP衣装ケースに収納しています

 

インナーがごちゃごちゃにならない収納法

 

今まで「夏のインナー」「冬のインナー」と分け、他のものと一緒にざっくり収納していました。

そのため、長袖だと思って取ったものが半袖だった、というようなことが多々あったんです

何度イライラしながらたたみ直したことか。

 

そこで重い腰をあげ、収納を見直すことにしました

  • インナーを一ヶ所にまとめる
  • 細かく分類する

この収納法にしてかれこれ2年ほどになりますが、なんとかキレイを保てています

 

一ヶ所にまとめて収納する

 

今現在のインナーの収納状況です

すっきり見やすく撮りやすいインナー収納方法の画像

 

嘘です。

白状すると写真を撮るため、少したたみ直しました。

 

先述したように、今までは夏用と冬用に分けて収納していましたが、全てこの引き出しにまとめました。

衣替えも必要なくなり楽ちんです!

 

100均(セリア)のケースで収納

 

100均(セリア)のカトレケースを利用しています。

セリアのカトレケース

インナーは清潔感のある白を選択しました

 

 

同じケースを使っている収納の記事です

⇒ タイツ・ストッキングの収納方法

タイツ・ストッキングはセリアのケースで!たたみ方と収納方法
先ずはこれをご覧ください(※閲覧注意) これは以前タイツとストッキングを入れていた引き出しの中の写真です。 ご覧のようにクルッと結んで、無印のPP衣装ケースの中にポイポイ投げ込むような、雑...

 

⇒ 手袋・スカーフの収納方法

100均(セリア)のケースを使った【手袋・スカーフの収納】
こんにちは! 今回は、手袋やスカーフなどの小物収納を見直しましたので、ご紹介させて頂きたいと思います ファッション雑誌でモデルさんが手袋やスカーフをしてると、とってもカッコよく見えますよね 思わず真似をした...

 

カトレケースは、無印のPP衣装ケースに6個ぴったり収まりますし

夏にはエアリズムを手前に、冬にはヒートテックを手前にと、簡単に入れ替え出来ますので重宝しています^^

 

種類が多いものは細かく分けて収納する

 

カトレケースを6個使うのが収まりがよいので、6分割にしました

我が家のインナーを種類ごとに分けてみると

  • 長袖
  • 厚手の長袖
  • エアリズムのキャミソール(タンクトップ)
  • ヒートテックのキャミソール(タンクトップ)
  • 綿素材のキャミソール
  • チューブトップ

この6つに分類しています。

ものに合わせて収納ケースを決める方が収まりやすいのですが、ケースを先に決めると、そこに収まるよう量を減らすし、工夫もしなければいけないので頑張れます!

(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

タグ(ラベル)を付ける

 

細かく分類すると必要になるのが「タグ」

ダブルクリップで作った自作ラベルの画像

※字が汚くてすみません

 

ネームタグには、ダブルクリップを使っています

黒のマスキングテープに文字を書き貼り付けただけ

Ⓗはヒートテック

Ⓒはエアリズムです

 

インナー収納を分かりやすくするラベルの画像

まとめ

 

長いもの、短いもの、分厚いもの、薄いもの

インナーや靴下のように、同じカテゴリーの中に複数の種類があるものは、少し場所をとってでも余裕を持たせて収納することが、成功のカギでした!

 

今までどうしてもごちゃごちゃになってたインナーの収納ですが、やっと落ち着いています

もう間違えて(イライラしながら)たたみ直すこともありません

無駄なストレスは美容の大敵ですしね♪

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
寝室・クローゼット
スポンサーリンク
HOMEmemo