シンプル容器の洗濯洗剤をいくつか試した結果、選んだ黒いボトル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

100均でも「シンプルな詰め替え用ボトル」が販売されるようになり、商品を選ぶときの幅が広がりました。

賞味期限や衛生面を細かく管理しなくてはいけない調味料の詰め替えに比べて、洗剤は手軽に扱えるので、ものぐさな私でも導入できています。

 

並べたシンプルな洗剤容器の画像

 

容器の統一感があると気持ちいい!

ということで今日は、今までの詰め替え容器遍歴と、結果いま使っている詰め替え容器について振り返りたいと思います。

 

シンプルな詰め替え容器になる洗剤

 

シンプルな洗剤ボトルの画像

写真左から

  • ファブラッシュ柔軟剤
  • セブンプレミアム衣類の濃縮液体洗剤
  • ランドリン柔軟剤
  • 100均の詰め替えボトル

 

Fabrush(ファブラッシュ)無香料 柔軟剤 600ml

 

 

大きめですが楕円形なので意外と持ちやすく、プラスチックの質感もしっかりしていて安っぽくありません。

ただラベルを外すと、その部分だけ少し凹んでるので、ラベルを外した「いかにも感」が否めず…。

代わりの素敵ラベルを作ることが出来ない私は、あえなく断念しました。

 

セブンプレミアム 衣類の濃縮液体洗剤 400ml

 

セブンプレミアム 衣類の濃縮液体洗剤の商品詳細ページへ

コンビニで買える手軽さから暫く使っていましたが、ファブラッシュの容器が600mlだったため、400mlのこちらは、洗剤を補充するサイクルが短く感じられたんです。

容器自体はコロンとしていてとっても可愛いのですが、代わりを探しました。

 

Laundrin(ランドリン)ボタニカル 柔軟剤 500ml

 

 

ランドリンのボトルは少しデコラティブなデザインですが、ボタニカルラインの柔軟剤は至ってシンプルな形です!

容量も500mlと丁度よい。

ただ、わが家で使ってるトップ スーパーNANOXは青い液体なので、入れるとほんのり透けるんです。

少し気になってきたため、100均の詰め替え容器を使ってみることにしました。

 

100均の詰め替えボトル 500ml

 

周りに店舗が多いので一番気軽に買える100均ボトル。

セリアで販売している角型タイプのものを選びました!

しかーーし!めっちゃ透けるんです。涙

ランドリンの容器より透けました。

 

シンプルな洗剤ボトル透け感の画像

逆光で撮ってみると、右へいくほど透けてるのが分かります。

今ではもっと厚みのあるボトルが販売されてますが、当時はこれしか無かったので、また別の容器を探すことになりました。

 

ずっと使ってるお気に入りのボトル

 

目先を変えて黒いボトルにしてみたところ、結果、いちばんのお気に入りになっています。

 

シンプルな黒い洗剤ボトルの画像

写真左から

  • フレリーボタニカル 柔軟剤
  • コロニー2139 洗濯用洗剤

 

FULLERY BOTANICAL(フレリーボタニカル)柔軟剤 600ml

 

 

COLONY2139のボトルと同じように見えますが、容量が600mlなので少し太っちょなボトルです。

主に柔軟剤の詰め替えに使っています。

 

COLONY(コロニー)2139 洗濯用洗剤 500ml

 

一番愛用しているボトルです!

洗剤を満杯に入れても500mlだとそれほど重くならないし、何より黒だと安っぽく見えないのが魅力です(*´з`)

 

COLONY2139の洗剤ボトル透け感の画像

普通に使ってる分には、洗剤が透けることはほとんど無いのですが、実は光にかざすと白い容器より透けるんです。

ただ、洗剤の青に深みが増して意外と綺麗なので、これはこれで気に入ってます。

 

COLONY2139では詰め替えボトルだけも販売してるんですが、お値段なんと518円!(税込)

kuroko
kuroko

高ーーーい!

ご購入される際には洗剤入りがオススメです\(^o^)/

 

最後に

 

もう使ってないのに、ナゼか捨てられなかった詰め替えボトルでしたが、思い返して懐かしんだことで心置きなく成仏させられそうです!

お付き合いありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
買った物・使ってる物のレポ
スポンサーリンク
HOMEmemo