猫背と肩こりを解消したい!人気のストレッチポール使用した感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

ずるずるとスマホやパソコンを触ってしまうので、猫背だし、常に肩がパンパンになってます!

下手をすると目の奥まで痛くなるほど…。涙

 

よく考えてみると、肩こりや猫背はずっと以前から指摘されてました。

マッサージでは「肩バッキバキですね」と言われる状態が普通だったんです。

 

ただ、若い頃と違ってアラフィフになると、たちまちそれが「姿勢の悪さ」となって現れています。

気が付くと首が前に出ていて、ハッとすることが多くなってたんです。

 

そんな時、お友達の家で「ストレッチポール」を使わせてもらいました。

何てことはない、ただポールの上に寝っ転がってるだけなんですが、起きたとき

kuroko
kuroko

ん?なんかカラダが楽~

と感じたんです。

 

そこで色々調べて早速購入しました!

東急オアシスのリセットポールの画像

 

私が購入したのは、ストレッチポールより少し柔らかい、東急オアシスの「リセットポール」です。

使い始めて3ヶ月ほど経ちましたのでレポしたいと思います!

 

ストレッチポールの基本的な使い方

 

ストレッチポールの基本姿勢の画像

基本姿勢ストレッチポール公式コアコンチャンネルより

 

基本的にポールに乗るだけで十分なんです。

寝転がって、右に左に、ゆーらゆーら

これだけで肩が下がって、胸が開くのを感じられました。

猫背だと呼吸が浅くなるようなので、私はポールに寝転がりながら、肋骨を広げるよう大きくゆっくりと胸式呼吸するようにしています。

 

そして気が向いた時には、【LPN公式】のストレッチポール エクササイズ「ベーシックセブン」を参考にさせて頂いてます。


公式とは思えない驚きの粗画質。笑

 

ストレッチポールに乗り(寝転び)

  1. 両方の手首と肘を床に添わせたまま、床に小さな円を描くようクルクルっと回します。
  2. 両方の手を天井に向けて前に倣えをし、肘を伸ばしたまま肩を上げたり下ろしたりする。
  3. 両方の肘が浮かないようにして、鳥が羽ばたくように、ゆっくり腕を広げてゆっくり戻す。
  4. 足を延ばし、かかとを軸にしながらバイバイするように足先を小さく振る。
  5. ストンと体の力を抜いて(足を延ばす)、膝を外に向けたまま、小さく上下に揺らします。
  6. 膝を戻し(膝を立てる)全身で右に左に揺らす。
  7. 最後にゆっくりと呼吸する。

 

ストレッチポールの使い方の画像

画像は、1(床に小さな円を描くようクルクルする)なんですが、もうこれだけで、肩と肩甲骨の内側が刺激されていい感じなんですー!

(*´Д`)

ストレッチポールの何が良いって、点ではなく面で圧迫されるのがめちゃくちゃ心地良いんです。

刺激の強弱を自分の体重で調節できるのもいい!

 

ストレッチポールの効果

 

私が感じたのは以下の3点!

  • 肩が若干軽くなる
  • 息が吸いやすくなる
  • 背筋が伸びる

 

肩こりがひどい時は、何度かポールに乗ってゴロゴログリグリしていると、コリがほぐれ肩が軽ーくなります。

 

とにかくビックリするのは、ポールから起き上がったとき

kuroko
kuroko

えっ!私の肩の位置ってここだったの!?

と思うほど、いつもの肩の位置より後ろにあるんです。笑

ちゃんと肩が正しい位置にあると、背筋がシャキッと伸び、首も長くなり、バレエリーナになった気分!

 

ただこれは残念ながら一時的なもので、暫くすると元に戻ります。涙

なので、肩が丸まってきたなと感じたらポールに寝転がって、肩を「あるべき場所にリセット」しています。

 

ストレッチポールとリセットポールの比較

 

ストレッチポールは(株)LPNの登録商標です。

 

ストレッチポールと名乗れるのはLPNのものだけなんですが、調べると類似品がたくさん出ていて、中には1,000円台の物もありました。

私の性格上、張りきって買ったはいいもののすぐ使わなくなりそうな予感しかなかったので、1,000円台のものを買おうか迷いましたがちょっと心配…。

 

そこで東急オアシスから「リセットポール」なるものが発売されていたので、こちらに決めました。

フィットネスクラブが作ったものなので安心感があります。

 

しかもアウトレット品!

アウトレット品は、通常のリセットポールより8cm短く、全長約90cm。

そしてエクササイズDVDが付属してないそう。

 

仕様・サイズ

 

友人宅のストレッチポールと、わが家のリセットポール(アウトレット品)を比較してみました!

 

ストレッチポールとリセットポールの比較画像

 

ストレッチポールもリセットポールも、直径:約15cm、長さ約98cmで、ほぼ同じ太さと長さです。

アウトレット品のリセットポールは90cmと少し短いのですが、身長175cmの夫も何とか使えています。

 

クオリティ

 

ストレッチポールとリセットポールの比較画像

 

リセットポールの方が縫い目が大きいです。

ストレッチポールは細かくきっちり縫い上げられてました。

カバーはどちらも合皮なので、汚れてもササッと水拭きできます。

 

硬さ

 

ストレッチポールとリセットポールの比較画像

 

リセットポールは強く押すと若干凹みます。

一方、ストレッチポールは強い力で押してもほとんど凹みません。カッチカチです。

これは好みの問題ですね!

私は、ストレッチポールは少し痛いなーと感じたので、リセットポールの硬さの方が合ってました。

 

リセットポールの硬いverもあるようです。

 

最後に

 

肩こりも楽になるし姿勢も良くなる、良いことづくしのストレッチポールですが、悪い面を挙げるとすれば、「ポップな色が多い」ことでしょうか。汗

気軽に使うにはリビングに立てておきたいので、もう少しインテリアに馴染む色展開があると良いのにな~と思いました。

 

ストレッチポールにはどうやら「眠りの改善効果」もあるようですので、深い眠りに誘われた暁には、また追記したいと思います。

それでは!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
買った物・使ってる物のレポ
スポンサーリンク
HOMEmemo