タカラヅカ観戦記。初めての宝塚歌劇に酔いしれる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

友人に誘ってもらって宝塚歌劇を観に行ってきました!

初タカラヅカ。

宝塚歌劇創設者小林一三氏の銅像の画像

 

近くにひどい鼻炎の方がいらっしゃったようで、何度も鼻をかむズゾゾゾーーという音が気になって仕方なかったんですが、なんとか楽しんでます。

 

月組公演「夢現無双」

 

宮本武蔵の幼少期から、巌流島の戦いまでを描いた作品でした。

武蔵役の珠城りょうさんは、とても伸びやかでとにかくステージで大きく見えるんです。きっとトップオーラのなせる業なんでしょうね!

友人一押し!小次郎役の美弥るりかさんは、妖艶かつ凛としていて、美弥さんが出てくるとステージがパッと華やぐんです!

お通役の美園さくらさんは、喋り方がとても可愛いの♡ でも、ただ甘ったるいだけでなく、歌声は色香を含んだ艶やかさでした。

 

展開が早くて場面がクルクル変わるのに、あれだけ大きなセットを一瞬で設える素晴らしさ。

1つ残念だったのは、剣豪宮本武蔵の物語なのに決闘シーンが超あっさりで。笑

せめて巌流島の戦いぐらいはもう少し見応えあるものにして欲しかったー。

 

レビュー「クルンテープ」

 

タカラヅカを観た人が口を揃えて言うのが「レビューがすごい」なんです。

大劇場でしか感じられないという大階段の迫力は、噂どおり鳥肌ものでした!

 

タイの首都バンコクをテーマに、豪華な衣装をまとい、次から次へと繰り広げられる煌びやかな夢の世界。

途中ムエタイの試合で面白演出も挟みながら、あっという間の1時間でした。

 

同じ背格好でビシッと揃った演者さん達の一糸乱れぬダンスはもはや芸術

ただ、同じように踊っていても目を引く方っているんですよね。

合わせてなんぼ、究極の「黒子的存在」だからこそ

その個性が「人を惹きつける魅力」になるか「悪目立ち」になるかは紙一重で

きっとそういう微妙な誤差の積み重ねが、トップになるか成れないかを決めるんだろうなー。

 

人の心をつかんで離さない魅力

 

ダンスって、ピタッと止める動きが難しいと言われますよね。

指先まで美しくて滑らかで、しかもヒール靴であれだけメリハリをつけて踊ろうと思ったら、相当な筋力が必要な訳で…

涼しい顔で踊っているけど、鋼のインナーマッスルをお持ちですわよ。

 

このステージに立つまでの、何なら宝塚音楽学校へ入るまでの、彼女たちが積み重ねてきた努力や苦労は、タカラヅカを知らない私ですら想像に容易くて

目の前にひろがる舞台は非現実的だけど、それは紛れもなく、彼女たちのストイックな人生の上に成り立っているという事実が、琴線に触れるんだろうし

家庭や職場でツラいことがあったとしても、ぶっ飛んでしまうほどぶっ飛んだ世界に酔いしれつつ、努力に裏打ちされた安心感に心惹かれる。

 

会場が明るくなって隣をふと見ると、友人、感極まって泣いておりました( ;∀;)

美弥さんがこの公演で引退されるそうなので、特別な想いが廻ったのでしょう。およよ。

ずっと食わず嫌いで敬遠してきたタカラヅカでしたが、ハマる方の気持ちに少し寄り添えた一時でした。

kuroko
kuroko

美しさは正義

以上、初めてのタカラヅカ観戦記でした!