とっても簡単【タッセルの作り方】100均の毛糸でも大丈夫!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

バッグやカギ、ドアノブなどなど

ちょっと付けるだけで、パッと華やぐタッセル。

コツさえつかめばとっても簡単にできるので、今日は作り方を載せたいと思います。

 

小さいタッセルは、名刺サイズのカードにつけるだけで『しおり』や『ムエット』の代わりにもなるんです。

【100均の毛糸】で作った可愛いタッセルのアレンジ
タッセルが好きなので、ドアノブやチェストの取っ手に掛けてみたり、車のキーやポーチに付けたり、至るところで愛用しています。 見てるだけで幸せになれるモノの1つなんです(*´з`) 少し前、裁縫道具の見直しをした時に...

 

タッセルの作るときに用意するもの

 

タッセルを作る時に準備するモノ

 

  • 毛糸
  • ハサミ
  • 中心に穴が空いている板状のもの
  • リボン(コードの部分をリボンにするとき)

 

シンプルなタッセルの作り方

手作りタッセルを付けたカード

 

中心に穴が空いてるモノは何でもよくて、今回は無印のフライ返しを使いました。笑

  1. フライ返しに毛糸を巻き付けます。
  2. 別にコードも作っておきます。

小さいタッセルの作り方2

 

 

  1. コードの結び目を真ん中から少しずらして置き
  2. 巻き付けた毛糸の間に入れ込み
  3. まとめて糸でギュッと縛ります

小さいタッセルの作り方3

 

両端を切って、形を整えます。

小さいタッセルの作り方4

 

頭に糸を巻いていきましょう

 

写真のように輪を作っておき、Aの方の糸をタッセル本体にグルグル巻いていきます。

小さいタッセルの作り方5

 

 

グルグル巻いた糸の端を、作っておいた輪に通して矢印の方へギュッと引っ張って結びます。

小さいタッセルの作り方6

 

余った糸を切ったら出来上がり。

 

100均の毛糸を使ったハンドメイドのタッセル

 

リボンを使ったタッセルの作り方

ハンドメイドのリボンタッセルの完成形

 

矢印の辺り(タッセルを付けたい場所)に結び目を作っておきます。

リボンタッセルの作り方7

 

 

中心に穴が空いてるモノに毛糸をぐるぐる巻きつけます。

こちらは無印のアクリルティッシュケースの蓋を使いました。

リボンタッセルの作り方8

 

先ほど作っておいた結び目を真ん中より少し下にずらして置きます。

リボンタッセルの作り方9

こっちがリボンの端

 

 

  1. 結び目を、巻き付けた毛糸の間に入れ込み
  2. 糸でまとめてギュッと縛り
  3. 両端をハサミで切り形を整えます

※ここまでの作業を繰り返し、リボンの反対側も同じように作ります!

リボンタッセルの作り方10

 

シンプルなタッセルと同様に、頭に糸をグルグル巻き付け結びます。

リボンタッセルの作り方11

 

余分な糸を切ったら出来上がり!!!

リボンタイプのタッセル

 

 

 

ちょっと作ってみようかな…と思って頂けたなら

とっても嬉しいです。