100均(セリア)のケースを使った【手袋・スカーフの収納】

こんにちは!

今回は、手袋やスカーフなどの小物収納を見直しましたので、ご紹介させて頂きたいと思います

ファッション雑誌でモデルさんが手袋やスカーフをしてると、とってもカッコよく見えますよね

思わず真似をしたくなり買ってしまうんですが、センスがない私にはハードル高すぎでほとんど使う機会がありません!笑

ただ手袋は、旅行のことを考えると「ああ、あれが有ればー!」と後悔しそうな気がしてしまい

私の中で、普段全く使ってないのに、処分しようとすると手が止まるアイテムの1つです

ちなみに他には「帽子」や「ゴルフ用品」などがあります。涙

収納方法の見直し

細かいものの収納を見直すとき

  1. 数を減らし
  2. 1ヶ所にまとめて
  3. アイテムごとに分ける

最近はこのセオリーを指針にしています。

手袋やスカーフの収納例の画像

衣類は小物を含め、全て無印のPP衣装ケースに収納

仕切りとして使っている黒いケースは、タイツ・ストッキングの収納でもご紹介した、100均(セリアで購入)のカトレケースです。

タイツ・ストッキングはセリアのケースで!たたみ方と収納方法
先ずはこれをご覧ください(※閲覧注意) これは以前タイツとストッキングを入れていた引き出しの中...

普段は「丸み」があまり好きでは無いのですが、布やファーなどの柔らかいモノを入れるのに、この「丸み」が優しく感じられたので決めました

手袋の収納方法

手袋やスカーフの収納例の画像

ロングタイプとショートタイプ

それぞれ革素材とニット素材の手袋を、1点ずつ保管しています。

ロングとショートを分けてカトレケースに入れ、一目でわかるように変えました

ロングタイプを二つ折りにすると、ケースの奥行にピッタリ!

ショートタイプを二つ折りにすると、ケースの横幅にスッキリ収まりました

UV手袋も一緒に収納

手袋つながりで、普段用と車用のUV手袋も、この引き出しに収納することにしました

手袋やスカーフの収納例の画像

ケースのスペースが余ったので、迷子になりがちな「コート類に付いてるベルト」も全てここに入れています。

まとめ

4つのケースを使い、「ショート手袋」「ロング手袋」「UV手袋&ベルト」「スカーフ」に分類

そして、ファーのマフラーや、折り曲げにくい手袋を空いた隙間に入れました。

手袋やスカーフの収納例の画像

私はあまり使う機会がない、手袋やスカーフといった「冬小物」ですが

頻繁に開けない場所だからこそ

1度きちんと見直しておけば、ずっとキレイが保たれるわけですもんね^^

余談ですが

ツイリーの1つは、去年、娘がイタリアへ行った際、お土産に買って来てくれたものなんです。

とってもがめつい(倹約家)な娘ですが、どうやらイタリアのご陽気な風にあたって、財布の紐が緩んだようです。

ミラノの免税店から、LINEのビデオ電話をかけてきてくれて、私、ビデオ通話初体験だったのでそれだけでも興奮したんですが、『どれがいい?』とディスプレイケースにカメラを向けてくれたんです

そしたら「右から2番目」とか選べるんですね!

ミラノのディスプレイケースの中のものを

大阪の茶の間に居ながら

すごいことです。

もう文明の進歩に追いつくことは諦めましたが、この激流のような時代を生きた証として、この出来事をここに残したいと思います

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
ブログランキングバナー

*


*

*

*