【ペタンコになったラグがムートンブラシで復活するのか】の実験

我が家のLDKはL字型になってるんですが、その中心が結構な大きさの吹き抜けになっています。

そのため冬場は暖かい空気が上がってしまうので寒いのなんの!!!

自然とファンヒーターの前は取り合いになり、常に誰かがいる状態なんです

ですからラグはこんな感じに・・・

ファンヒーターの前だけ毛が寝てしまっているラグ

ファンヒーターの前だけラグの毛がペタンコにつぶれ、摩擦で絡まり纏まり

摩擦で毛が変質してしまったシャギーラグ

まるで野良羊のようになってます!

ワイルドな仕上がりですよね( ;∀;)

この冬「ムートンブラシ」を購入したんですが、それで梳かしたら復活するんじゃないかと思い立ち、試してみることにしました。

もう少し小さいサイズを買ったんですが売り切れてました

ブラシ部分は細~い細~い針のような金属で出来ていて、パッと見はすぐに折れそうなほど繊細なんです

でも絡まった毛に何度ブラシを通しても、折れたり歪んだりせず頑張ってくれました

(右側がブラシ使用後)

シャギーラグの半分だけムートンブラシをかけた状態

少しずつ少しずつブラシでほぐすと、フワフワに変わっていきます

ただ毛自体が摩擦で変化してしまってるので、1本1本独立したような、元通りの状態には戻りませんでした

コツコツコツコツ

絡んだ毛を梳かし、洗濯機で洗って数日間乾かしたところ・・・

ムートンブラシをかけて洗濯したシャギーラグ

野良羊⇒放牧羊

ぐらいの変化でした(ノД`)・゜・。

復活ならず!

変質してないフワフワのシャギーラグの毛部分

踏みつけてない部分はこんな感じですので、もう別物ですよね( ;∀;)

ただ若干ではありますがふんわり感は戻りました

最後にラグの収納方法を

イケアのSKUBBに収納した洗えるラグ

ラグは200×250cmの洗えるシャギーラグを使っています。

イケアのSKUBB(69x55x19cm)にピッタリ収まりました

商品が届いた時には「薄っっっ!」とビックリしたんですが、薄さのお陰で自宅の洗濯機にも入りましたし、真夏以外の季節に使えますし、コンパクトに収納できるので、意外とお気に入りになってます

2シーズン使ってますが、そろそろ買い替え…かな(;’∀’)

スポンサーリンク
ブログ村




にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

人気ブログランキングバナー