好きなもの【餃子】

少し前、娘が辻ウェルネスクッキングスクールに通ってたんですが、そのレシピの通りに作ったらやっぱり美味しかったんです。笑

料理下手な上、適当に調味料を入れてしまう性格を直さなければ…と改めて考えさせられました。(主婦歴25年目の秋)

元辻調理師専門学校の講師だった関西では有名な林先生が、料理が苦手な主婦を指導する『愛のスパルタ料理塾』

その、餃子の回を見ながら作った本日の晩ご飯がこちら!!!

\どどーーーん/

カリッと焼けた餃子

ダイエット中の方。こんな時間にすみません(ノД`)・゜・。

とにかく上手く出来たのでレシピも併せて載せさせて下さい

林先生直伝?ギョーザの作り方

材料(20個分)

  • 豚ミンチ 100g
  • 白菜 200g
  • ニラ 20g
  • 白ネギ 15g
  • ショウガ 10g

《味付け調味料》

  • 塩 小さじ1/2
  • 白コショウ 少々
  • 酒 小さじ2
  • しょうゆ 大さじ1
  • ごま油 小さじ2

ギョーザの皮 20枚

塩・片栗粉・サラダ油 各適量

あん作り

林先生曰く、キャベツだと先にサッと火を通さないと青臭くなったりするそう

白菜は葉と軸で食感が違うので分けて細かく刻む。軸の部分は厚みがあるので削ぎ切りにして粗目のみじん切り

小さじ1杯の塩をなじませ、暫くしたら布巾に包んで水分を絞る

※絞り過ぎない!

ニラは小口切り

白ネギとショウガはみじん切り

調味料は先に混ぜ合わせておく(味がなじみやすい)

豚ミンチと刻んだ野菜・調味料をボールに入れ練り上げる

※ハンバーグみたいにお肉をぐわ~と練ってハンバーグの生地みたいにしない

(練りすぎると固くなり、皮とあんが外れやすくなるので注意!)

半日ほど冷蔵庫で休ませるとより美味しくなる

あんを皮で包む

皮に包むあんの目安は小さじ1杯ほど

※皮のひだは少なめに!左右2か所ぐらいでOK

皮のひだを作り過ぎると焼きにくくなる

包んだらベチャっとなるので片栗粉の上に置く

焼き方

パリパリにするため油は少し多いめに

しっかり焼き目を付ける!

余分な油をとる

※お湯を入れる!

素早く蒸気で蒸す(水だと沸くのに時間が掛かるからダメ)

蓋をして蒸し焼きにする

蓋を取って完全に水分を飛ばす

パリパリジューシーなギョーザの出来上がり!!!

とっても上手く出来ましたが野菜を刻むのが…ちょっと…

次回からはフードプロセッサー使ってしまいそうです(*´з`)

カリッと焼けた餃子がメインの晩ご飯

我が家では餃子を焼いた時の皮のくっつき具合を、フライパン買い替え時期の目安にしていま~す

それでは(^o^)

スポンサーリンク
ブログランキングバナー

*


*

*

*