断捨離ラストスパート!今年の断捨離をサクッと振り返る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

12月に入ってから捨てまくってます

「(不必要なものを)来年に持ち越したくないんだ!」すべてはこの一心から

今日は最後の不燃ごみの日だったので、ギリギリまで家を漁りまくってました!

 

今年、大阪は大きな地震があり、それが落ち着いたころ台風に見舞われ、災害が重なりました。

意識していなくても多分、心の隅に「気持ちを新たに」という欲求が、例年より強いんだと思います。

 

断捨離で一番処分してるもの

 

断捨離を始めて一番たくさん処分してるのは服!

1枚1枚がそれほどかさばるものじゃないからと侮ってましたが、よくわが家を見渡すと、収納の多くを服が占領してることに気付いたんです。

ただ服は、要る要らないの線引きが難しく、また着るかもしれないとか、着てないけどデザインが未だに好きとか、グレーゾーンのものが多くて悩みました。

 

この1年で6キロ太ったので、最後は「もう着れない」というなんとも悲しい理由ですが、すっぱり手放す気持ちになれました\(^o^)/

 

断捨離して一番スッキリしたもの

 

断捨離して一番気持ちがスッキリしたのがマッサージチェアでした!

ほとんど使ってないのに、大きいわ重いわで圧迫感だけはすごかったマッサージチェア

でもほとんど使ってないだけに、余計「高かったのに…」という思いが大きくて、処分する気持ちになれませんでした。

 

久しぶりに使ってみようとしたら、「叩く」しか動作しないし、背もたれを倒すと戻らないし、役に立たないんです!

なので心置きなく手放せました\(^o^)/

 

断捨離で一番反省したもの

 

処分しても処分しても未だに出てくるのが、収納用に買った100均のケース類

思い返すと、機能的な収納を目指してとりあえず100均でケースを買うんですが、「やっぱり違う」となり買い替えることが多いんです。

他には、食品の保存容器やファイル類なども。

 

来年は100均での「とりあえず買い」を改めようと思います

 

まとめ

 

断捨離の一番のハードルって『執着心』をどうするかなんですよね

もったいないっていう気持ちや、頂いたものなのにっていう気持ち

その未練を断ち切れるかどうかなんですが、手放すために理由を付けるのは本末転倒だと思うので、自然に気持ちが向くのを待つことが大切だなって思いました。

 

それと、手放すことを選択する時には、ものすごくエネルギーが必要なので、その時々の心の在り方で変化するものだとも感じています。