浅い眠りを解消。心地よい「石鹸」の香りで深い眠りへ

ベッドルームは、1日の疲れをとり、そして明日を元気に導いてくれる大切な場所ですよね

何十万もするベッドが買えたら、それはそれは心地よい眠りが約束されてるんでしょうが、我が家では無印の脚付きマットレスを使っています。

無印らしいシンプルを極めたデザインは大のお気に入り

ただ寝心地は何十万のベッドと比べると劣ると思いますので(;’∀’)

その分、

枕カバーやシーツを常に清潔に保つこと

そして香りを添えるように心掛けています

キャンドルの灯りと石鹸のほのかな香りがする夕方のベッドルーム

ずっと以前はアロマデュフューザーを買ってみたりしたんですが、面倒くさくて面倒くさくて、結局ホコリだらけになってました(;’∀’)

コットンにアロマオイルを染み込ませて枕元に置いたりもしてましたが、今年の夏あたりから石鹸に切り替えたんです!

そうするとほんわりと石鹸の香りが漂ってきていい感じ

何より「封を開けて置くだけ」

面倒くさくないのが一番です。笑

ユアン石鹸のレモン

色々試してみましたが、個人的には台湾のyuan(ユアン)石鹸が、香りの持続力が長いように感じました

ベッドサイドに置いて、香りが無くなったらお風呂で使う。これを繰り返してます(*´Д`)

数年前、友人が台湾のお土産で買ってきてくれてユアンソープを知ったんですが、癒される香り、そして種類が豊富なため季節や肌の状態で使い分けられるところが気に入りました

昨日、柑仔と金英を買い足しています(*´з`)

ユアンソープができるまでには機械は一切使用せず、ひとつひとつ全てが手作業で行われています。その理由は、機械の熱によりハーブの成分がダメージを受けるのを防ぐためです。また、天然素材の豊かな成分を壊さないよう、熱を加えないコールドプロセス製法を適用しています。

ユアンソープ公式HPより

寝ている間の潜在意識に働きかけるモノですから、こういう安心感も大切な気がしています

ベッドサイドに置いた優しい香りの石鹸

だんだんと寒くなり、布団から出たくない季節が近付いてきましたね( ;∀;)

上質な睡眠がとれてたら、そんな時でも「パチッ」と目が覚めすぐに動けるようになるのかな~。そうなれれば最高だな~。そう思いながら寝室作りをしています(^o^)

また新しい何かを見付けられるまで、暫くはこの方法で過ごそうと思っています

香りの持続力が高いという事は、ハーブの香りがキツめという事なので苦手な方がいらっしゃるかも(;’∀’)

小さいサイズからお試しになって下さい

スポンサーリンク
ブログランキングバナー

*


*

*

*